HOME>トピックス>銀行から手形を利用して融資を受けるための方法

どんな融資の方法なのか

書類を書く

手形貸付は手形を活用して融資を受ける方法で、銀行宛に振り出した約束手形を差し入れることで借入を行います。実際に借りることのできる金額は、手形に書かれている額面から利息分が引かれた額です。手形が担保になっていることや回収が現実的な額の範囲で融資が行われるので、銀行側のリスクも比較的小さいです。

融資を受けるにあたって気を付けるべき点

電卓と書類

手形貸付はあらかじめ支払期日が決まっていて、約束手形に書かれている支払期日までに当座預金に額面通りのお金を入金しておく必要があります。この期日に入金できない場合は不渡りとなってしまい、これが6か月で2回起きてしまうと銀行取引ができなくなってしまいます。つまり、利用する場合は期日に不渡りにならないように確実に現金を入金しておかなければなりません。

どんな用途に利用されているのか

返済期日が短い融資に用いられる貸付なので、手形貸付はつなぎ融資として用いられることが多いです。例えば、建設業では請負契約を締結しても実際にお金が入ってくるのは引き渡し後になるため、運転資金が枯渇してしまいます。それでも資材の仕入れや従業員の給料の支払いなどでお金が必要になりますが、そんな時につなぎ融資として手形貸付を活用すれば支払いができるようになります。

借りるたびに契約書を書かなくても良い

手形貸付を利用するためにはあらかじめ銀行の当座預金口座を開設する必要があり、その時に契約書を交わします。そして、借り入れをしたいときには手形を振り出すだけでよく、そのたびごとに契約書を交わす必要がありません。その結果、スピーディーに借入をすることができ、急ぎの融資にも向いている手段です。もちろん審査もなされることになりますが、融資期間が短い資金需要に対する融資で比較的少額であることから、審査はあまり厳しくない傾向にあります。

広告募集中